阿南高校 校長ブログ

南部地区議員会の皆様が来校しました

2022年11月16日 17時36分
校長ブログ

 11/16(水)、下伊那南部地区議員会を代表して、南部5町村(売木村、下條村、阿南町、泰阜村、天龍村)の議長さんが来校しました。会長の後藤売木村議会議長さんより「阿南高等学校の存続について」の提言書を拝受いたしました。翌日には県に提出する予定です。
 日頃から南部5町村の皆さんには生徒の授業などで全面的な支援をしていただいています。また、議員の皆さんも町村民の代表として阿南高校の末永い存続を願っています。大変ありがたいことであると同時に、これまで以上に地域にとって必要な学校であり続けるために、地域を担う人材育成を進めていかなければならないと思いました。私自身も改めて学校の魅力化・活性化のために全力で取り組むことを決意しました。

IMG_0007-1     ○IMG_0010-1

天体ショーを楽しみました

2022年11月9日 07時53分
校長ブログ

 11/8(火)、1年ぶりの皆既月食に加え、今回は天王星が月に隠れる天王星食も同時に起こるということでそそくさと帰宅して世紀の天体ショーをじっくりと楽しみました。肉眼では見えなかった天王星も望遠レンズを使えばはっきりと見えて天王星が月に隠れる瞬間もとらえることができました。ここ飯田では19:40分頃に皆既月食が始まり、21:05分頃から天王星食が始まりました。
 次に日本で見られる皆既月食は約3年後の2025年9月8日、惑星食(土星食)がなんと322年後の2344年7月26日ということなので、本当に貴重なものを見ることができて幸せなひと時でした。

cleaned皆既月食01     cleaned皆既月食04

cleaned皆既月食06     cleaned天王星食

職員も地域を学びます

2022年11月8日 08時30分
校長ブログ

 11/7(月)の午後を使って教職員の研修を行いました。コース制の改編によって地域探究の授業など生徒が地域を学ぶ機会が多くなる中で、教員の側も地域について学ぶ必要があると思い2年越しでようやく実現した企画です。まずは阿南町富草の化石館を見学しました。この地域は1700万年前は海であったことから多くの海生生物の化石が出る場所として有名です。見学の後、化石のよく出る露頭に行って発掘体験をしました。私は「サメの歯」の化石を発見しようと意気込んで探しましたが結局貝の化石が1つ見つかっただけでした。どれが化石なのかの判定が難しく学芸員の小泉先生の鑑定を受けながら、先生方も結構夢中でハンマーで岩を打ち付けていました。多くの先生が貝やウニなど化石などが見つけて、ここが本当に海だったことを体感することができました。
 その後、学校近くの御供(おども)の商店街を散策しながらこの地区の繁栄と衰退の歴史を社会情勢と関連付けながら学びました。本校の多くの先生は新規採用で阿南高校に赴任します。その中で飯田下伊那出身の先生は少なく、多くの先生はこの地域を全く知らずにいます。まずはこの地域に興味を持ってもらい、今後の探究活動の指導に役立ててもらいたいと思いました。

職員研修002     職員研修006

職員研修009     職員研修016

cleanedIMG_1108     職員研修027

職員研修029

売木で異文化交流

2022年11月4日 16時02分
校長ブログ

 2年進学希望者のキャリア学習の一環で、売木村の「うるぎ国際センター(UIC)」に出かけました。南宮学習塾の講師のアレックスが運営するこの施設では国外の方に田舎体験をしてもらったり、国内の若者向けの自然体験や語学学習をする「デイキャンプ」ができます。今日は進学希望者を集めてこの施設で約半日をすべて英語だけでアレックスとともに学習をしました。5か国語を話すアレックスが外国の言語や文化にどのように関わってきたか、UICがどんな目的で設立されたか、日本と外国との間で異なる文化をどう理解しあったらよいのか、などなかなか勉強になる時間でした。このような機会をきっかけに外国の歴史や文化に興味をもって世界に羽ばたいてくれる生徒が現れることを期待してます。

UIC24     UIC26

UIC07     UIC15

UIC41
ちなみに私は今日もマイクロの運転手です!

民俗芸能の宝庫まっただなかにある阿南高校

2022年10月29日 11時48分
校長ブログ

 10/29(土)、3年ぶりとなる郷土芸能鑑賞会が開催されました。例年は地域の民俗芸能の一つを学校で披露していただいていたのですが、今年は原点に戻って地域の伝統芸能についてその歴史や文化をしっかりと学ぶ機会にしようということで、元飯田美術博物館学芸員の櫻井弘人先生にお願いして講演をしていただきました。古くから残る民俗芸能は南信州の南部に集中していて、長野県の国指定重要無形文化財10件中6件が下伊那地域にあるなど、まさに下伊那南部は民俗芸能の宝庫であることを改めて認識しました。後半では全国総文祭に出場した郷土芸能同好会の新野の雪祭り・盆踊りと音楽の授業で取り組んでいる泰阜太鼓が披露されました。新旧の芸能分布の接点に立つ阿南高校らしい素晴らしい発表を見てこの地域のすごさ、魅力を存分に楽しむことができました。
 現在「新野の盆踊り」と「和合の念仏踊り」を含む41件が「風流(ふりゅう)踊」としてユネスコ無形文化遺産への登録を目指して日本政府が申請しています。今月中にもユネスコ評価機関が登録の可否を勧告する予定です。登録勧告が出れば11/28から開催されるユネスコ政府間委員会で登録が正式に決定します。南信州の民俗芸能が、日本だけでなく、世界の宝となる日も遠くありません。

郷土芸能鑑賞会013     郷土芸能鑑賞会015

郷土芸能鑑賞会035     郷土芸能鑑賞会056

同窓会8期生の皆様が来校

2022年10月21日 12時00分
校長ブログ

 10/21(金)、昭和34年卒の同窓会8期生の皆様が本校に来校しました。卒業以来64年ぶりという方も多くいて学校内外の変化に驚いていました。8期生の皆さんが在籍していた頃は古い校舎の時代で、今の校舎は昭和56年に改築されたのものです。それでも廊下に飾られている当時の写真を見ると、その頃のことがよみがえってきて当時の話で盛り上がっていました。特に今は無きボート部の活躍はすごかったようで私も大変興味深く聞かせてもらいました。82歳でもまだまだ元気な皆さんに、これからも生徒の元気な姿をお届けしたいと思いました。

8期生01     8期生09

8期生18

フードドライブキャンペーン実施中

2022年10月20日 13時49分
校長ブログ

 3年福祉コースの生徒がフードドライブを開催しています。フードドライブは、生活に困っている子どもがいる世帯を支える取り組みとして近年各地で行われています。家庭で眠っていてこのままでは賞味期限になってしまう食品などを出し合って届けようと、朝の登校時と昼休みに呼びかけています。1日目からかなりの量の食品が集まりました。皆さんご協力ありがとうございました。これらの品物は地域の福祉団体や施設に届けられる予定です。明日(22日)も実施しますのでご協力のほどよろしくお願いします。

フードドライブ04     フードドライブ05

フードドライブ08     フードドライブ21

信州アトムを訪問しました

2022年10月11日 11時32分
校長ブログ

 鉄腕アトムならぬ信州アトムとは?
 「一般社団法人信州あなんトータルマーケティング」通称「信州アトム」は地域住民の暮らしを豊かにすることを目的として農産物生産拡大事業、農家民宿・農村体験などの農山村と都市との交流促進、出荷販売などを促進する事業などを行っている団体で、平成21年に阿南町で始まりました。今日は地域探究コースの2年生が訪問し、巨大な精米装置が設置されている精米棟、通年15℃に設定されている貯蔵棟、乾燥棟などを見学しました。本校のPTA副会長でもある佐々木理事長さんに案内していただき、農業の側面から見た地域の活性化について学びました。
  特に昨年から始まった「遊休農地対策プロジェクト」は農業従事者の減少と高齢化による農地の荒廃を防ぐため、申し出のあった遊休農地4.5haを借りて耕作、管理を行うもので、ふるさと納税米の確保にもつながっています。
 信州アトムは農業振興による町の活性化を担う事業として幅広く展開し躍進しています。
信州アトム001     信州アトム016

信州アトム018     信州アトム019 

信州アトム023     信州アトム026

信州アトム027
ちなみに私は今日もマイクロの運転手です!

総合学科とは?

2022年10月5日 10時36分
校長ブログ

 校長会の会議で丸子修学館高校を訪問しました。野球の強豪校の丸子実業高校から平成19年に校名を変更して総合学科の高校となりました。総合学科とは国語や数学などの普通科の学びと農業、工業などの専門科の学びの両方の性格を持った学科で、必修科目以外は自分の興味・関心・進路の希望などに基づいて、勉強したい科目を選ぶことができます、丸子修学館高校は文化系、理科系、農業・工業系、商業・情報系、家庭・福祉系、被服・芸術系など、6系列14分野もの選択肢の中から選ぶことができます。新しくできた総合学科棟は定員280名の階段教室で一つの学年が全員入る大学のような素晴らしい施設でした。
 現在は長野県で総合学科を設置している高校は6校ありますが、今後の高校再編でさらに増える見込みです。高校の選択肢がどんどん広がっています。

cleanedIMG_0934     cleanedIMG_0940

cleanedIMG_0937

売木においなんよ

2022年9月27日 16時07分
校長ブログ

 2年地域探究コースの生徒が売木村のシェアハウス兼テレワーク施設「うるぎHalo!岡田屋」を訪ねました。ここは売木村の地域おこし協力隊員の赤土(しゃくど)かよさんが、15年前に廃業した老舗旅館「岡田屋」を改装して6月にオープンした施設です。旅館の趣を残しながら快適にテレワークや移住ができるように改修されています。赤土さんはこの施設が村の内外の交流の懸け橋になるような場になってほしいと言っていました。
 県内は多くの地域が空き家問題に苦慮している実情があります。赤土さんの取り組みはそれを解決する一つの試みとして大変興味深いものを感じました。私の妻は売木村の出身で両親は今も売木村に住んでいます。私にとってとても身近で愛着のあるこの村を、「田舎の豊かさを感じながら都会と同じ仕事ができる」場所として多くの人に知ってもらいたいと思いました。

岡田屋03     岡田屋10

岡田屋13     岡田屋15

岡田屋17
ちなみに私は今日もマイクロの運転手です!!

就職試験が始まります

2022年9月16日 10時43分
校長ブログ

 9/15(木)、就職試験を明日からに控えた3年生27名の就職激励会を行いました。緊張した面持ちの3年生に向けて、私から激励の言葉を贈りました。「試験で緊張しない人はいません。夏休みから何度も自分の納得のいくまで面接練習をしてきた皆さんです。自分を信じて臨んでほしい。また、自分で選んだ企業です。その会社で働きたい気持ちをしっかりとアピールしてきてください」と励ましました。
  最後に私の好きな『日めくり まいにち修造!』から「後ろを見るな!前も見るな!今を見ろ!」と「大丈夫、君は一人じゃない」という言葉を贈りました。
 今日から約一週間の間に試験が行われます。皆さんの健闘を心から祈っています。

IMG_1940     IMG_1941

稲刈りの秋

2022年9月15日 16時19分
校長ブログ

 情報ビジネスコースの3年生が稲刈り体験をしました。元阿南高の職員の森岡先生の田んぼを借りて5月に植えた苗がたわわに実り今年はなかなかの豊作でした。気温は30℃近くまで上がりましたが少しずつ秋の風を感じながら約2時間汗を流しました。今後は精米され「阿南米」として販売されます。
 ちなみに私はいつもマイクロの運転手です。

稲刈り02     IMG_1758

稲刈り07     稲刈り20-1

県会議員の皆様との教育懇談会

2022年9月14日 14時55分
校長ブログ

 9/13(火)、飯田風越高校にて地元選出の県会議員の皆様と下伊那高等学校長会との教育懇談会が行われました。授業の見学や生徒によるの発表では、ICT機器を上手に活用している様子がよくわかるとともにやはり対面でのやり取りの大切さを感じました。
 止まらない生徒減の中で、入学者選抜、高校改革、地域人材の育成など、各校の現状や課題をお伝えしながら、飯田下伊那地域の活性化について意見交換をすることができました。

cleanedIMG_0928     cleanedIMG_0929

環境整備のご協力ありがとうございました。

2022年9月12日 09時06分
校長ブログ

 9月11日(日)、環境整備作業が実施されました。今回は保護者、生徒、教職員、約70名で生徒昇降口、グランドの側溝の掃除を行いました。思いのほか天気が良く、かなり気温が上昇してハードな作業となりました。特にグランドの側溝は長年入り込んだ土砂とそこに生えたガマの根がしっかりと根付いていて除去するのに相当苦しみました。約1時間の作業で土砂が取り除かれ泥水が流れたときは思わず歓声を上げてしまいました。
 この校舎が建てられて半世紀に近づいていますが、とてもきれいに利用されています。このようなPTA活動の継続により生徒にとって快適な学習環境を維持していただいています。皆さんお疲れさまでした。

環境整備①     環境整備②

環境整備③

思い出に残る花火でした

2022年9月5日 08時44分
校長ブログ

 9/3(土)、御供地区の奉納煙火が3年ぶりに無事行われました。三十数年前を思い出しながら、小さな地区の中でこれだけの催しが脈々と継続していることに喜びと安心の気持ちで見させてもらいました。当時は河原でタイミングを見ながら直に種火を入れて打ち上げていましたが、今はコンピュータ制御で失敗はありません。時々失敗するのがご愛敬で面白かったのですが少し寂しい気もしました。私の花火は5号玉2つでしたが、好きな柳の先割れが入っていてうれしかったです。南宮大橋のライトアップがうまくコラボレーションして幻想的な雰囲気を醸し出していました。住民の皆さんも久しぶりの花火を満喫しているようでした。来年は是非仕掛けや締めの大三国までできることを期待しています。

花火01     花火10

花火_0913     花火_0911

花火11     花火15

令和3年度校長ブログはこちら
8533