阿南高校 校長ブログ

阿南の夏の生物「タマムシ」

2023年8月2日 14時07分
校長ブログ
IMG_1311
阿南高校の校門脇にあるモミジの幹で、キラキラと美しい「タマムシ」を見つけました。本当、いつ見ても綺麗な虫ですね。
タマムシは、カンカン照りの8月夏の昼間によく活動します。それは、タマムシのキラキラした金属光沢と関係が深いためです。
IMG_1309  IMG_1307
虫たちの天敵といえば鳥ですが、多くの鳥たちはキラキラした輝くものを嫌います。鳥よけにCDをぶら下げている所をよく見かけますね。あれと原理は同じです。キラキラは人には目立ちますが、天敵の鳥には効果絶大で、鳥よけという理由があったのです。
タマムシの成虫はエノキの葉が好物で、産卵はエノキの他にケヤキ、コナラ、クヌギ、シラカシなどの広葉樹にするそうです。飯田下伊那南部にはこのような樹種がとても多く、子どもの頃から夏のよく晴れた青空に、キラキラッと輝くタマムシの飛ぶ姿をよく見かけたものです。
タマムシの金属光沢は死んでも失われないため、古くから人を魅了してきました。奈良県斑鳩町の法隆寺にある飛鳥時代の厨子「玉虫厨子」(国宝)は有名ですね。実際には見たことはないのですが、社会科の教科書などで写真で見たり聞いたりしたことはあるのではないでしょうか。

阿南の夏の植物「タマアジサイ」

2023年8月1日 20時25分
校長ブログ
庭のアジサイ(紫陽花)は梅雨時の6月から7月に咲きますが、このアジサイは梅雨も終わって、真夏に咲き始めます。阿南高校の周辺の木陰でやや湿ったところに玉のような丸い蕾(つぼみ)をつけた紫陽花が咲き始めました。タマアジサイです。
IMG_1299
 
IMG_1298  IMG_1281
丸いつぼみの苞(ほう)が開くと、細かな淡い紫色の花が多数現れ、その周囲に数個の白い花弁の装飾花が花の縁を飾ります。花の中心にある紫の粒々が本来の花で、両性花と呼ばれ雌しべと雄しべがそろっています。(小さな粒々の状態はまだ開花前で、開花してすると細長い雌しべ・雄しべが見られます。)よく庭先で見かけるアジサイは、花全体が装飾花となっていて、花びらと思っていた部分は萼片なので、ガクアジサイなんて呼ばれることもありますね。
IMG_1282  IMG_1284
気づきました?
ハナグモやカマキリが花の蜜によってくる獲物を、じっと潜んで待っています。

中学生体験入学

2023年7月31日 13時56分
校長ブログ
中学3年生にとって夏休みは、進路意識を高める大切な時期ですね。そして、体験入学は行きたい高校を見て聞いて感じられる貴重な機会です。今日は阿南高校の「中学生体験入学」でした。
最初の全体会ですが、当初は体育館で行う予定でしたが、連日の猛暑の暑さもあって、中学生は視聴覚室にて行いました。(引率職員や保護者の皆さんはリモートにて別室で様子を見ていただきました。)棚田教頭よりスライドを使って阿南高校の紹介、その後は2名の生徒(1年生の宮澤さんと3年生の松村さん)による高校生活について「生の声」を、最後に生徒会役員(の小田さんと藤本さん)より「阿南高校の生徒会活動とクラブ活動」について、スライドを使って説明しました。
IMG_1239  IMG_1240
生徒会からの生徒会活動とクラブ活動の紹介
IMG_1241  IMG_1242
全体会後は、それぞれに分かれて授業を体験しました。高校の先生による初めての授業でしたが、中学生の皆さんはうなずきながら興味深く学んでいました。
理科生物「眼の錯覚」・英語「STAR WARSで学ぶ英会話」
IMG_1244  IMG_1271
国語「古典の世界」・公民「問題解決は難しい」
IMG_1246  IMG_1248
数学「よくわかる数学」•商業「様々なビジネス」
IMG_1249  IMG_1268
福祉体験「点字」と「ベッドメイキング」
IMG_1274  IMG_1254
音楽「和太鼓」 と 授業プリントの一部です。
IMG_1265  IMG_1280
現在生徒数は約160名の小さい学校ですが、それを活かした少人数授業やきめ細かな学習指導、進学コースの他に商業系と福祉系に分かれて学べる地域探究コース、地元阿南町と大学との連携で地域医療や地域行政を支えるプログラム、他にも、阿南高校生のための南宮学習塾といった、阿南ならではの学びや魅力が揃っています。地域に愛され、地域とともに歩み続けてきた阿南高校で、未来に向けて一緒に踏み出しましょう!入学式で皆さんとまた再会できることを心待ちにしています。

1学期終業式

2023年7月28日 12時00分
校長ブログ

7月27日(木)は1学期終業式でした。
4月からの4ヶ月、大きな事故や災害もなく、無事1学期が終了し終業式が迎えられました。生徒の皆さん、また、先生方、大変お疲れ様でした。

その式の講話を一部掲載します。
◆梅雨が明け、二十四節気の「大暑」以降は、毎日35度前後の酷暑が続き、夏休みが待ち遠しかったのではないですか?夏の風物詩、夏祭りや花火大会などが始まってきます。この阿南町でも、昨年ユネスコの無形文化遺産に登録された「新野の盆踊り」や「和合の念仏踊り」が8月お盆に開催されます。 昨年モロッコでの無形文化遺産保護条約の政府間委員会において、日本の民族芸能「風流(ふりゅう)踊」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。この7月に登録記念式典が東京で開催され、わが阿南町の「新野の盆踊り」や「和合の念仏踊り」を含む41件のそれぞれの地域の保存会や市町村の関係者が出席し登録を祝いました。
そもそも「風流踊」とは、

阿南の夏の生物「ノコギリカミキリ」

2023年7月26日 21時01分
校長ブログ
今朝も生徒の皆さんの登校時に合わせて校門に立っていると、何やら黒くて大型の素早く移動する物体が目に入ったので、一瞬、もしやゴキブリ?って思ってよく見るとカミキリムシでした。
IMG_1215
全身真っ黒で、大型(今回は5cm近くありました)、触覚も長く、いかにも噛まれると痛そうなアゴをもつ「ノコギリカミキリ」です。
ノコギリと聞くと、多分かっこいいフォルムのノコギリクワガタを連想する方が多いでしょう。カブトムシと並んで子ども達の人気の的ですね。皆さんにとってどのカブトムシ、クワガタムシが一番ですか?(でしたか?)
今回紹介している虫はクワガタでなくカミキリです。でも、この虫よく見ると、大型で艶のある黒色、重量感のあるどっしりした風格あるフォルムは、決してカブトやクワガタに引けを取らないと思います。
IMG_1216
このノコギリカミキリの名の由来は、鋸(ノコギリ)のような触覚からきています。(写真撮りが下手くそで触覚にピントが合ってなく、その様子が伝わりにくくすみません。)
また他の特徴としては、大型の甲虫(カブトやクワガタ)と違って動きは素早く、カツカツと忙しく動き回ります。多くのカミキリムシの幼虫は木に穴をあけ、その木を枯らしてしまうこともあり、(特に果樹農家や昔では蚕(カイコ)農家を中心に)害虫扱いされている場合が多いのですが、この「ノコギリカミキリ」の幼虫は枯れ木や朽木を食べますので、その意味では害虫にはなりませんのでご安心を。

阿南の夏の生物「ダイミョウセセリ」

2023年7月25日 15時52分
校長ブログ

いつの間にか梅雨も明け、一昨日の23日(日)からは二十四節気の「大暑」(たいしょ)、一年で最も暑さが厳しく感じられる頃となりました。本校は27日(木)が1学期終業式ですので、あともう少しのガマン(?)で夏休みとなります。各地で夏祭りや花火大会などが催され、夏の風物詩がもうすぐそこまで来ています。

今日も35度前後まで気温が上昇したせいか、何と、どちらかというと夏の後半の風物詩である「ツクツクボウシ」が鳴きはじめました。
NHKシチズンラボ「セミ図鑑」ツクツクボウシ

だいぶ暑く、外に出るのは躊躇われましたが、運良ければツクツクボウシの姿が見られるのではないかと、ちょっと学校周辺に出てみると
IMG_1204
セセリの仲間の「ダイミョウセセリ」が舞っていました。

セセリとは、チョウとガの中間的な存在の蝶です。皆さんがよく見かけるセセリは多分小さなチャバネセセリじゃないかと思いますが、美しいチョウとは異なりかなり地味なチョウです。ガのように胴体が太く、飛び方もひらひら舞う感じでなく素早く直線的で、触覚の形が写真のように先端が脹らんだ後細くなっているのが特徴です。チョウやセセリは翅を立てて閉じて止まるのが一般的ですが、ご覧の通り「ダイミョウセセリ」は翅を広げて止まってます。セセリらしからぬ止まりをするのが「ダイミョウセセリ」です。
翅の紋様も多少あり「ダイミョウセセリ」もよく見れば綺麗なチョウに見えますね。名の由来は、この紋様が大名の裃(かみしも)の紋に似ているから、と、葉にとまった姿が大名行列でひれ伏した姿に似ているから、と2説あるそうです。

阿南の「南宮学習塾」と阿智の「神坂学習塾」

2023年7月21日 20時29分
校長ブログ

昨年度の6月より公設塾の「南宮学習塾」がスタートしています。少子化で人口減が進む中、地方の高校の魅力化として、阿南町を中心に、周辺の町村自治体や同窓会等の協力をいただき始まりました。
その「南宮学習塾」の視察に、地方の高校の魅力化をテーマに調査されている大学の先生方がご来校されました。松本大学の田開先生をはじめ、下関市立大学の水谷先生、立命館大学の平岡先生、和光大学の山本先生、鳥取大学の石山先生です。

IMG_1195
塾前にて 大学の先生方と英語講師のアレックス先生(塾は地区の北条会館をお借りしています。)

今回大学の先生方は、同様な公設塾を運営してます阿智高校の「神坂学習塾」についても訪問され、各校の関係者(教職員や塾講師)や各町村の行政担当者の方と、連携のあり方や現状の課題、今後の方向性などについて意見交換を行いました。
この研究成果は、今後の自治体間連携や地域の公共サービスの向上への寄与を目指されているそうで、学術論文や報告書、学会発表等で関係者や研究者の方と共有されるそうです。

相談する力を(CAP生徒ワークショップ)

2023年7月21日 19時56分
校長ブログ

先月の6月21日に教職員のCAP研修(ワークショップ)を実施しましたが、本日は生徒に向けての「相談する力」ワークショップを1年生で行いました。
IMG_1189  IMG_1190

IMG_1191  IMG_1193

様々な暴力から自分の心とからだを守るにはどうしたらいいのかを、ロールプレイ(役割劇)を通して、自ら考え、話し合いながら学んでいきました。
そして、
何よりも自分の大切さを知り、勇気を広げていくことの大切さを感じ取れたのではないでしょうか。また、自分たちには友達を守る力があることも確認できたのではないかと思います。

本日講師を務めていただいたCAPスタッフの皆さん、ありがとうございました。

 ※CAPとは
いじめ・虐待・体罰・誘拐・痴漢・性暴力など様々な暴力から自分の心とからだを守る暴力防止Child Assault Prevention)のための予防教育プログラムです。

北信越地区高P連研究大会新潟大会に参加してきました

2023年7月15日 19時30分
校長ブログ

昨日から高等学校PTA連合会主催の北信越地区研究大会新潟大会に、佐々木PTA会長さんと久保田事務長とで参加してきました。下伊那地区では(コロナ禍のためここ数年大会自体が開催されませんでしたが)各学校の皆さん(PTA会長さんと校長)と一緒になって大会に参加してきたそうで、今年も飯田から一緒にバスに乗って参加しました。伊那谷の地区は他の地区にない結束力の強さを感じます。(上伊那も同様にバスで参加していました。)
写真は新潟県高P連会長挨拶と、歓迎アトラクションの新潟県立新潟中央高校器楽・管弦楽部とコーラス部の皆さんです。
IMG_1176  IMG_1177

今日(の午前中)は記念講演で、新潟県三条市出身の俳優・高橋克実さんのお話をお聞きしました。

さて、話は変わりますが、一昨日の7月13日(木)は、朝から豪雨のためJR飯田線が運休等となり、急遽休校となりました。飯田下伊那地区のほとんどの高校でも同様に休校でした。
そんな梅雨末期の雨模様の1日でしたが、同地区の阿南第一中学校へ進路講話に行って、高校進学にあたっての心構えや阿南高校の魅力を説明してきました。

IMG_1171  IMG_1172

一中へ行く途中「深見の池」の脇を通りましたので、ちょっと立ち寄って眺めてきました。

まだ梅雨もあがらず、本格的な夏も迎えていないのに、湖畔には秋の訪れを感じる萩(ハギ)の花がもう咲きはじめています。
IMG_1169  IMG_1170

和合の宮下家を見学してきました

2023年7月12日 18時24分
校長ブログ

3年生の進学コース「言語表現探究(2単位)」の授業で野外学習として、阿南町和合の宮下家住宅(県宝)へ見学に行きました。そこで、現当主の宮下金善さんに旧和合村と宮下家との関係や、和合の念仏踊りや周辺地域の歴史などをお聞きしてきました。
宮下金善さんは元高校の国語の先生で、十数年前まで阿南高校で勤務されていました。当時自分(牧内)も阿南にいましたので、久しぶりの再会となりました。
IMG_1157

IMG_1159  IMG_1156

IMG_1160

宮下家は700年以上(鎌倉時代)の歴史を持つ庄屋の家系で、金善さんは28代目となるそうです。和合に数百年続く「念仏踊り(国重要無形民俗文化財)」ですが、15代目当主の宮下金吾善隆さんが、今から約270年前江戸表へ免訴願いに出た戻り道、習い覚えて村人に伝え今日に至ったと言い伝えられてます。
IMG_1161

IMG_1163  IMG_1166

生徒は見学の事前学習として、保存会の方を授業にお招きし、講演会や体験教室を行なっています。
IMG_0910  IMG_0911

何百年も続くこの素晴らしき伝統芸能の地を実際に訪れ、何か感じるものを得たのではないかと思います。

【夏の全国高校野球長野大会】結果
本日長野オリンピックスタジアムの1回戦、阿南・阿智・蘇南との連合チームとして出場し、延長戦の末見事
8ー6で勝利しました。応援いただき、ありがとうございました。

阿南の四季の植物「ヤマユリ」

2023年7月11日 08時45分
校長ブログ
夏の山地の茂みの中に、ごらんのようにひときわ目立つ華麗なユリ(百合)が咲いています。
ユリの女王「ヤマユリ」です。
黄色い筋と赤い斑の入った豪華絢爛な姿は、まさに女王の荘厳さや威厳さ感じます。
IMG_1140  IMG_1150
日本特産の大型のユリで、花の長さは20cmほどもあり、1本の茎にいくつもの花がつき、その重みで茎全体が弓なりに傾いています。
花の中央には1本のめしべ、その周りには長く伸び出た6本の赤褐色のおしべ(赤褐色の部分は葯と呼ばれ、そこで花粉が作られます。)がついています。ヤマユリだけでないのですが、ユリの花粉は衣類につくと取れにくくやっかいなので、注意してください。茎にはササ(笹)のような葉っぱが互い違いに(互生)ついています。
ヤマユリは、幕末来日したドイツの医師・博物学者シーボルトによって欧米に紹介され、その後ヤマユリ等を親に品種改良され「カサブランカ」が生まれたそうです。花屋さんでよく見かける「カサブランカ」のご先祖様だったんですね。
IMG_1147

第67回「阿南祭」閉幕

2023年7月10日 09時24分
校長ブログ

7月8日(土)は「阿南祭」一般公開でした。保護者やご家族の皆さん、中学生や地域の皆さん、また、本校卒業生の皆さん、本校を訪問くださりありがとうございました。
IMG_1103  IMG_1088

美術部 茶華道同好会の展示です。
IMG_1074  IMG_1078

保健委員会と南宮学習塾
IMG_1080  IMG_1084

2学年クラス展(テーマは「平和・震災」)
IMG_1081  IMG_1083

ステージ発表「郷土芸能同好会」と有志による「泰阜太鼓」
IMG_1091  IMG_1093

吹奏楽部の発表(一部ダンス部とコラボしました。)
IMG_1104 IMG_1107

「閉祭式」フォトストーリー〜文化祭を振り返って〜
IMG_1111  IMG_1112

生徒会役員の皆さんを中心に、各クラス・各クラブをはじめ、全校一人一人のピースを繋ぎ合わせ第67回「阿南祭」、思い出に残る素晴らしい文化祭となったと思います。
IMG_1121

令和5年度阿南高校同窓会定期総会が開催されました

2023年7月10日 09時12分
校長ブログ

7月8日(土)阿南祭の一般公開に合わせて、令和5年度の同窓会定期総会が、南宮学習塾で利用してます「北條会館」を会場に開催されました。

同窓会長の宮島久男さん、同窓会顧問の金田信保さんのあいさつ
IMG_1100  IMG_1102
各地区の支部長をはじめ、30余名の同窓生の皆さん方にご出席いただきました。関東支部・中京支部の方にも遠方よりお越しいただきました。

卒業されても母校に思いを寄せていただき、心より感謝申し上げます。

阿南祭初日「校内祭」

2023年7月7日 19時16分
校長ブログ

本日は阿南祭1日目「校内祭」でした。
今日も気温は30度越えの真夏日となり、心配される晴天でしたが、午前は校庭での「体育祭」、午後は体育館でのクラスステージ発表(阿南高校では「A−1グランプリと呼んでます」)が無事に、そして全校で楽しく元気に開催されました。その様子を写真でお伝えします。

学年別クラス対抗の綱引き
IMG_1006  IMG_1010

IMG_1012

綱引きの後はリレーです。
IMG_1018  IMG_1037

IMG_1033  IMG_1028

 午後はダンスあり、合唱あり、演劇ありの各クラスで練習したパフォーマンスを披露。
IMG_1044  IMG_1047

IMG_1052  IMG_1054

IMG_1069

皆さんのハツラツとした姿や元気いっぱい笑顔、また、意外な一面など見ることできました。役員の皆さんをはじめ全校の生徒諸君、本当にお疲れ様でした。