阿南高校 校長ブログ

タイの高校生との交流を楽しみにしています

2021年9月22日 13時13分
校長ブログ

 3年地域文化コースの「国際文化」の授業に参加させてもらいました。この講座では数年前からタイの高校と様々な交流をしています。今日は元阿南町の地域おこし協力隊の飯野さんと6年前にタイから来日した松下チャリサーさんをお迎えして、今後の交流に向けてタイ語の学習をしました。タイ語の文字は母音と子音の組み合わせで成り立っているところは英語に似ていますが、母音が18種類、子音が44種類もあるので組み合わせがとても多く、読み方も似ていて区別がつきにくいのが特徴です。
 チャリサーさんに私の名前「しんや」をタイ語で書いていただいたものをお手本に自分の名前をタイ語で書く練習をしました。
 タイもコロナ禍で学校の休業が続いているようです。タイの高校生と様々な交流ができるようになることを願いながら、異文化理解の学習を進めています。
   

   

収穫の秋です

2021年9月16日 16時08分
校長ブログ

 9/15(水)は3年情報ビジネスコースで稲刈りが行われました。暑いくらいの陽気の中で稲刈りと稲架(はざ)かけに汗に汗を流しました。10月にはおいしいお米となって販売されます。
 16(木)は和合で鈴ヶ沢なすと鈴ヶ沢南蛮の様子を見に行きました。雨とコロナ禍の影響でナスの収穫はできませんでしたが、取れたてのナスを網で焼いた「焼きナス」は大きくて実がしっかり詰まっていて食べ応えがありました。在来種として代々和合の土地で育てられてきた伝統野菜を絶やさないために奮闘する玉川さんの野菜愛を感じながらおいしくいただきました。今後も地元阿南高の生徒の視点で何らかの取り組みができるいいなと思いました。
 伝統野菜の特集で玉川さんを取材するためにSBCが撮影に来ていました。来年の放映が楽しみです。
   

   

   

避難訓練もオンラインで

2021年9月9日 15時13分
校長ブログ

 現在コロナの集中対策期間ということで、本日の防災訓練はオンラインで行いました。今回は地震の発生とともに土砂災害が発生し、避難所を設営するという設定で訓練を行いました。本校体育館は災害時の指定避難所であり、グラウンドは指定避難場所並びにヘリポートとなります。阿南町の危機管理係の方のご指導の下で、生徒代表による段ボールのベッドとパーテーション作りを行いました。私も寝てみましたが段ボールとはいえかなり頑丈なベッドでつぶれる心配は全くありません。パーテーションもプライバシーが守られ、コロナ対策にもなっている立派なものでした。
 私が初任で阿南高校に赴任していた30数年前、豪雨による土砂崩れで、学校が陸の孤島になってしまったことがありました。また、土砂崩れによる飯田線の損傷で、生徒は1カ月以上天竜峡からバス通学になったこともありました。
 「災害は忘れたころにやってくる」と言われますが、近年は、忘れる前に次の災害がやってくる時代です。このような平常時の防災訓練がますます重要になってきます。
   

   

手話の授業に参加しました

2021年9月1日 14時42分
校長ブログ

 3年福祉コースのコミュニケーション技術の授業を見学しました。9月から聴覚障害の方を講師に手話の学習をしています。今日は授業の中で、耳が全く聞こえなかったら日常生活のどんなところで困るかを話し合いました。私も仲間に入れてもらいましたが困ることが次々と出てきて、特に危険回避などの情報と人とのコミュニケーションの分野で大変苦労することがよくわかりました。どんな人も平等にコミュニケーションが取れる社会にするためにもこのような授業は生徒にとってとても大切だと思いました。

オンライン授業しました

2021年8月26日 17時00分
校長ブログ

 本日の1時間目に、3年地域文化コースの地域社会で授業をさせてもらいました。授業をするのは3年ぶり、しかも初めてのオンラインということで不安と期待の授業でした。2日目ということもありスムーズにつながり、ストレスなく授業をすることができました。地域文化コースでは3学期に地元の方を招いて課題研究発表会を行うので、「探究学習入門」と称して、私が校長ブログで連載している「阿南は本当に稲作発祥の地なのか?」について調査した様子を紹介しました。
 オンライン授業では目の前に生徒がいないので、授業をしていても反応がなかなかわかりません。これでいいのだろうかとい不安が常につきまといました。日頃の授業では目の前に生徒がいることによって授業が作られていることがよくわかりました。
 振り返りのアンケートの回答で、ようやく生徒がしっかり見ていてくれたのだと実感し安心しました。貴重な経験をさせていただきました。
   

オンライン授業始まりました

2021年8月25日 16時22分
校長ブログ

 本日よりオンライン授業です。オンラインSHRの後、各学年3時間の特編授業を行いました。様々な不具合もあり100パーセントの出来とは言えませんが、ほぼ予定通りの授業が実施できました。オンライン用の授業を組み立て直すのはなかなか大変なことですが、それぞれの先生が工夫した授業を展開していました。
 明日は私も3年生の授業をします。頑張ります。
   

オンライン始業式を行いました

2021年8月24日 13時07分
校長ブログ

 本日より2学期が始まりました。阿南高校は無事に始まりましたが、県内・全国ではデルタ株が猛威を振るい、全県で感染警戒レベル5が発出されました。
 そこで、本日の始業式は各教室でオンラインで行い、明日から3日間、全学年で自宅での完全オンライン授業に挑戦することになりました。分散登校も考えましたが、お盆明けの2週間に入る今週末までが最も心配な時期であることと、これまでこのような事態に備えて先生方が一生懸命研修をしてきましたので、思い切って挑戦することになりました。いろいろと不具合が出るかもしれませんが、やってみなければ次には進めません。わたしも木曜日に授業をする予定です。楽しみになってきました。
   

阿南は本当に「稲作発祥の地」なのか?(4)

2021年8月17日 13時32分
校長ブログ

 遠山さんに電話をしてみると、奥様が出られました。景政さんはすでに8年前に亡くなられていましたが息子さんの景一さんが跡を継いでいるとのことでした。景一さんとも連絡が取れて、8/4にお宅を訪問しました。遠山家は古くから天竜川の流通の番所をしていた家系で、現在は神社の宮司をされています。景政さんが畑仕事をしていると大量の土器が出てきたということで専門家に調べてもらったところ、東海地方からの文化伝播に重要な位置を示す遺跡だったのです。
 遠山さん宅には今でも縄文後期から弥生時代の土器や石器、矢じりなどが大量に保管されていました。
 遠山さんのご厚意によりその一部をお借りしました。しばらくの間展示しますので生徒の皆さんにはぜひ見ていただきたいと思います。
 この遺跡は昭和40年発掘調査されていますが、当時の阿南高校の生徒、先生が調査に直接参加していたことがわかりとても誇らしく思いました。
 現在は畑に村の公共施設が建設されていて遺跡は地下に埋もれてしまいましたが、2300年以上も前からこの地に人々が住み繁栄していたことを土器を見ながら想像すると、太古のロマンを感じずにはいられません。
   
 

令和3年度校長ブログはこちら
7552